「パン型付き!日本一簡単に家で焼けるパンレシピ」シリーズの著者であり、北千住にて「初心者さん向けのパン教室」「自宅パン教室開業講座」等のレッスンやイベントを開催しています。


ちぎりパン本 好評発売中です!

おしらせ

パン教室

次回の「もっちりちぎりパン*講座」は、2018年3月31日(土)4月3日(火)7日(土)です。

くわしくはコチラ☆


自宅パン教室開業講座

「自宅パン教室開業講座 」は、5月スタートです。

開催日等、くわしくはコチラ☆


自宅カフェ「Backe」 営業日

営業日が決まり次第、ブログにてお知らせします。
今後の営業日についてのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いします。

カフェの詳細はコチラ☆


・お問い合わせ
akiko@backe.biz

facebook やってます 
Instagram やってます 


●おすすめのお教室情報
605*memberお教室ナビ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Backe晶子の著書・共著

食パン型付き! 日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOK

2015年11月4日発売!です。

日本一簡単に家で焼けるちぎりパンレシピ (TJMOOK)

2015年3月19日発売!

エンゼル型付き! 日本一簡単に家で
焼けるちぎりパンレシピ【エンゼル
パン型付き】 (バラエティ)

(宝島社)

2014年4月17日 発売!

パン型付き! 日本一簡単に家で
焼けるパンレシピ

(宝島社)
カテゴリ
全体
レシピ本掲載のパン
レシピ本掲載のアレンジパン
Backe分室イベント情報
Backe晶子のパン教室
レシピ本情報
お教室☆開業講座
自宅カフェ☆開業講座
わたし作り*講座
Backe分室レッスン
Backe晶子
おでかけ
開業講座卒業生の活動
ヴォーグ【にちよう】学園
ヴォーグ【にちよう】マルシェ
その他
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
お気に入りブログ
甘塩酸苦 + 旨
美味しい笑顔がみたいから…
Le Petit Jardin
洋裁教室 『coutur...
atelier b(アト...
メディカルアロマをベース...
美味しいものづくりとちょ...
1/2 cubit* ・...
Lumias*
相模原・八王子・町田のパ...
旅するKitchen
TIE BAKERY*...
mamikono。~ハレ...
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
Backe 605*me...
東京品川大井町にて天然酵...
yuchipan
あさパン!
インテリアと器、ときどき...
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
「針しごと トイトイト...
launa パンとお菓子...
米粉のシフォンケーキ工房 香
ブログジャンル
検索
外部リンク

by backe-akiko

仕事と家庭の両立はどうする?


「お教室開業講座」「自宅カフェ☆開業講座」など、好きな事を仕事にしようとしている方から 聞かれる機会が多いのは「晶子さんは、お仕事と家庭の両立はどうされているのですか?」と いう質問。

私が「両立はできていません。家庭を犠牲にしています。」と即答すると、皆さん驚かれます。

誤解ないようお伝えすると、「好きな事を仕事にするためには、必ず家族を犠牲にしてしまう」のではありません。
私のように、カフェをOPENしたり、都内に教室をひらくためのスペースを借りて100人以上の生徒さん を集客したり、という規模まで目指すには、家族にかなり理解して協力してもらう必要があり、時には迷惑をかけてしまうこともあるという事です。
目指す規模を調整しながら進めば私のようにはなりません。

ただ、私自身は今まで歩んできた道のりを全く後悔していませんし、むしろベストだったと思っているので ひとつのちょっと変わった一例としてお話ししますね。

私が自宅カフェをOPENしたのは、娘が小2の時、東京にお教室専用の部屋を借りたのが小4の時。
カフェをOPENする前の2年間は月一ペースでカフェイベントなどに参加していたので、娘が幼稚園の頃からすでに自分の夢の実現のために動き始めた、という事になります。

f0224568_7525035.jpg

娘がまだ幼稚園児の頃からはじまったイベント参加は、参加するのは月に1度であっても、その日のために、パンの試作をしたり、DMを作ったり、打ち合わせに行ったり、と、常にバタバタな状態で、主人の両親に預かってもらったり、延長保育にお願いしたり、主人に迎えに行ってもらったりとまわりにも多大な協力をしてもらい、好きな仕事をしていました。

特に娘が小4の時、東京に教室のための部屋を借りた時は、高額な家賃分を稼ぎ出さなくてはいけないため月に25日教室を開催する猛烈ぶり。子供は週末は私の実家にお泊り、平日は主人の両親に、休日のレジャーは主人と娘の二人きりというような状態が小学校卒業まで続きました。

ここまでまとめるとダメ母であり、極悪妻だな~と思われても仕方ありませんが、私はその期間、家族に迷惑はかけているのはわかっているけれど、自分の選択が間違っているとは思っていませんでした。
この期間に協力してもらった分は、両親にも主人にもいつか恩返ししようと思っています。

そして小さかった娘にはフツーのママたちの100分の1も手をかけてあげられなかったけれど、 それも私なりにしっかりと考えて選択したこと。今でも後悔は全くありません。

その理由は、次回お話ししますね。
by backe-akiko | 2016-11-14 08:00 | Backe晶子
<< 「夜こねて冷蔵庫でほったらかし... こってりしたおやつパンがおいし... >>