「完全予約制 自宅カフェ」を茨城県取手市に2007年3月OPEN。現在、北千住にて「パン作り【超】初心者さん向けのパン教室」 「お教室開業講座」「自宅カフェ開業講座」を開催しています。


ちぎりパン本 好評発売中です!

おしらせ

パン教室

パン教室パン作り初心者さん対象レッスン「もっちりちぎりパン*講座」

2017年11月3日(金・祭日)7日(火)開催します。

予約受付日 10月14日(土)21:00~

先着順で受付します。定員になり次第、受付を終了します。




お教室開業【さいしょの1歩】講座 ー35期クラス


35期クラスは2018年1月開催の予定です。

開催日等、詳細は12月にお知らせします。

講座内容はコチラ☆


35歳からのわたし作り*講座


開催が決まり次第、ブログでお知らせします。

今後の開催日についてのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いします。

講座内容は コチラ☆



自宅カフェ「Backe」 営業日

営業日が決まり次第、ブログにてお知らせします。
今後の営業日についてのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いします。

カフェの詳細はコチラ☆


・お問い合わせ
akiko@backe.biz

facebook やってます 
Instagram やってます 


●おすすめのお教室情報
605*memberお教室ナビ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Backe晶子の著書・共著

食パン型付き! 日本一簡単に家で焼ける食パンレシピBOOK

2015年11月4日発売!です。

日本一簡単に家で焼けるちぎりパンレシピ (TJMOOK)

2015年3月19日発売!

エンゼル型付き! 日本一簡単に家で
焼けるちぎりパンレシピ【エンゼル
パン型付き】 (バラエティ)

(宝島社)

2014年4月17日 発売!

パン型付き! 日本一簡単に家で
焼けるパンレシピ

(宝島社)
カテゴリ
全体
レシピ本掲載のパン
レシピ本掲載のアレンジパン
Backe分室イベント情報
Backe晶子のパン教室
レシピ本情報
お教室☆開業講座
自宅カフェ☆開業講座
わたし作り*講座
Backe分室レッスン
Backe晶子
おでかけ
開業講座卒業生の活動
ヴォーグ【にちよう】学園
ヴォーグ【にちよう】マルシェ
その他
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
甘塩酸苦 + 旨
美味しい笑顔がみたいから…
Le Petit Jardin
洋裁教室 『coutur...
atelier b(アト...
メディカルアロマをベース...
美味しいものづくりとちょ...
1/2 cubit* ・...
Lumias*
相模原・八王子・町田のパ...
旅するKitchen
TIE BAKERY*...
mamikono。~ハレ...
… olive イタリア...
SUN+TRAP 「美味...
mon-favori お...
小さなパンのアトリエ *...
Backe 605*me...
東京品川大井町にて天然酵...
yuchipan
あさパン!
インテリアと器、ときどき...
ビーズ刺繍【エミリコラボ...
Ton Ton Cafe
「針しごと トイトイト...
launa パンとお菓子...
米粉のシフォンケーキ工房 香
ブログジャンル
検索
外部リンク

by backe-akiko

仕事で子どもに手をかけられない母親は失格?


先日「小さかった娘にはフツーのママたちの100分の1も手をかけてあげられなかったけれど、それも私なりにしっかりと考えて選択したこと、今でも後悔は全くありません。」とお伝えしましたが、その理由は自分自身の生い立ちにあります。

私は生まれたばかりの頃から、両親が仮住まいさせてもらっていた親戚の家庭で5歳まで育ちました。

f0224568_10374143.jpg

両親は朝早くから働きにでていたので、朝から晩まで1日のほとんどをその家庭で過ごしました。
幼稚園に入った時には、その親戚が送り迎えも幼稚園行事も遠足も行ってくれました。

5歳の時、その家を離れることになった時はショックを受けましたが、だからといって両親との生活がギクシャクしたわけでもなく、一緒に過ごさなかった5年間がマイナスになる事は全くありませんでした。

逆に、他の人より私にはたくさん親がいてくれ、得をしたと思っているくらいです。

その実体験があったおかげで、私には「子育てのすべてを母親がしなくても、子供はちゃんと育つ」という考えがありました。
実の母親でなくてはダメな事なんて実はそんなになく、愛情を持って接してくれる人なら血のつながりがなくたって子供は愛を感じられると。

それと、5歳にならないような小さな子供でも、一緒にいる時間がとれずに一生懸命働いている両親の愛情を感じ、受け取れるのだということ。

だから、自分が「今は(まわりに迷惑をかけても)やるべき」と思ったタイミングで、娘に愛情を注いでくれる人が「やっていいよ」と言ってくれるのなら、その期間思いっきり、堂々と仕事に専念しようと思いました。

そしてその選択をしたからには迷わず、娘に誇れる仕事ぶりを小さな瞳に焼きつけるくらい頑張ろう!そんな思いで働きました。

いつか年頃になった娘に「お前が私の子育てに専念しなかったから、グレてやったぜ!」とぶん殴られても後悔はしない、と思って走り抜けてきましたが、殴られる経験をすることなく、娘は高校3年生まで成長しました。
卒業後の進路も決まり、毎朝続けてくれた親孝行のお弁当作りも3年間完走できそうです。

子育てには「正解」も「間違い」もないのでなんともいませんが、今、私も娘も毎日楽しくニコニコ過ごせているのなら、私のちょっと変わった子育ても、私の家庭ではありなのかも?と、自分の都合の良いように解釈しています。

生き生きと一生懸命に働く親の姿を見て育った私が、今度は娘に働き続ける事の素晴らしさや楽しさを見せていきたいと思います。
次は娘がどんな生き方を選択するのか? 楽しみにしつつ。
by backe-akiko | 2016-11-21 10:44 | Backe晶子
<< 3ヶ月あれば、人はずいぶん変われる。 明日、ラジオ出演します! >>